FAQ Portal for ArcGIS Enterprise Sites Security Patch 適用について

ナレッジ番号:5685 | 作成日:2023/12/15

概要

Windows 版の ArcGIS Enterprise に対し、Portal for ArcGIS Enterprise Sites Security Patch を適用する際の手順、および注意事項について説明します。

詳細

2023年 6月下旬にリリースされた、Portal for ArcGIS Enterprise Sites Security Patch については、重大な不具合が見つかったため一旦公開が取り下げられていましたが、2023年 12月 12日に ArcGIS Enterprise 11.1 向けに、2024年 2月 12日に ArcGIS Enterprise 10.9.1 向けに、修正済みのパッチがあらためてリリースされました。
また、修正済みのパッチと同時に、問題への対処として検査と修復を行うためのツール(Portal for ArcGIS Validation and Repair Tool)が公開されています。

Portal for ArcGIS Enterprise Sites Security Patch を適用するには、あらかじめ Portal for ArcGIS Validation and Repair Tool による検証、および必要に応じて修復を実行しておく必要があります。

手順

ここでは、ArcGIS Enterprise 11.1 の場合を例にご案内します。ArcGIS Enterprise 10.9.1 の場合でも同様ですが、ファイル名やバージョンは適宜お読み替えください。

  1. Portal for ArcGIS Validation and Repair Tool を入手します。米国 Esri 社の以下のページより、ファイル名:ArcGIS-PFA-111-ValidationRepair.exe をダウンロードしてください。
    Portal for ArcGIS Validation and Repair (esri.com)

  2. Portal for ArcGIS 11.1 のインストールされているサーバー上で、ダウンロードしたツールを実行します。


  3. [Next] をクリックし、Validation(検証)を開始します。
    問題を含むパッチが検出されなかった場合には、「No defective patches or hotfixes have been found on your portal machine.」と表示されます。

    このまま、安全に Patch C を適用できますので、次のステップ 4 は飛ばし、ステップ 5 に進みます。

    問題を含むパッチが検出された場合には、「The following defective patches/hotfixes were found on your portal machine.」と表示され、テキストボックス内に問題となっているパッチの名称が表示されます。


  4. 問題を含むパッチが検証された場合には [Repair] ボタンが有効になっているため、[Repair] ボタンをクリックします。


    これによって、マシンより問題を含むパッチが完全に除去されます。
    問題を含むパッチが完全に除去されると、「All defective patches have been removed from your portal machine.」と表示されます。

  5. この時点で、Portal for ArcGIS Validation and Repair Tool による検証が完了しています。実行結果として、「The portal have been validated and new patches and hotfixes can now be applied.」と表示されていますので、[Exit] をクリックしツールを終了します。

  6. 問題の修正されたパッチ、Portal for ArcGIS Enterprise Sites Security Patch C を入手します。米国 Esri 社の以下のページより、ファイル名:ArcGIS-111-PFA-ESSEC-PatchC.msp をダウンロードしてください。
    Portal for ArcGIS Enterprise Sites Security Patch (esri.com)

  7. Portal for ArcGIS 11.1 のインストールされているサーバー上で、ダウンロードしたパッチのインストーラー ArcGIS-111-PFA-ESSEC-PatchC.msp を実行します。


    この時点で、Portal for ArcGIS Validation and Repair Tool による検証が完了していない場合には「The Portal for ArcGIS 11.1 Validation and Repair tool must be run prior to installing this patch. Please go to the ArcGIS Enterprise Patch Notification tool to run Portal for ArcGIS 11.1 Validation and Repair」というエラーメッセージが表示されるため、先に手順 1 ~ 5 に従いツールによる検証を行う必要があります。


  8. エラーメッセージが表示されていない場合は、安全にパッチのインストールを行えます。[Update] をクリックし、Portal for ArcGIS Enterprise Sites Security Patch C を適用してください。
Portal for ArcGIS Validation and Repair Tool による検証、および Portal for ArcGIS Enterprise Sites Security Patch C の適用が完了しているかどうかは、PatchFinder for Windows で確認できます。
 

更新履歴

2024年2月22日 バージョン 10.9.1 について更新
2023年12月15日 公開

関連する質問

メタデータ

カテゴリ

製品

バージョン