FAQ
ArcGIS Online 組織サイトの管理者を変更するには?

ナレッジ番号:3290 | 登録日:2023/05/29 | 更新日:2024/06/03

概要

ArcGIS Online 組織サイトの管理者変更についてご案内します。

詳細

ArcGIS Online 組織サイト内で管理者数に制限はございませんので、複数のユーザーが管理者になることができます。
管理者を増やされたい場合、すでに管理者であるユーザーが組織サイト内の他のユーザーのロールを管理者に変更してください。
※管理者ロールを設定できるのは Creator および GIS Professional ユーザー タイプのユーザーです。

また、新規ユーザーを管理者にする場合、アカウント作成後に管理者のロールに設定します。

<既存ユーザーを管理者にする場合(ロールの変更方法)>

[組織] ページ → [メンバー] タブでロールを変更するユーザーの [▼] をクリックしてロールを指定します。

※ 自身の権限の変更は管理者ユーザーでもできません。他の管理者にロールを変更してもらう必要があります。

<新しいユーザーを管理者にする場合>

新しいユーザーを追加する場合、まず [メンバーの招待] からアカウントを作成し、アカウント作成後に管理者ロールを設定します。
手順の詳細につきましては、ArcGIS リソース集の「メンバーの追加」の項目をご参照ください。

1 アカウントのみ作成可能なご契約で、現管理者が ArcGIS Online にサイン イン可能な場合

ArcGIS Online 組織サイトに 1 アカウントのみ作成可能なご契約で、別の方に管理者を変更する必要がある場合、My Esri よりお問い合わせください。
その際に以下の内容のご記載をお願いいたします。

  • 件名: ArcGIS Online 管理者変更依頼
  • サブスクリプション ID
  • お客様の組織名 (会社名、学校名など)
  • 新しく ArcGIS Online 管理者として登録される方の氏名、E メールアドレス、Esri アカウントのユーザー名(お持ちの場合)
  • これまで ArcGIS Online 管理者として登録されていた方の氏名、E メールアドレス、Esri アカウントのユーザー名

お問い合わせいただいた内容をもとに、米国Esri社に一定期間もう 1 名ユーザーを追加できるよう処理を依頼いたします。
依頼にあたり、ご依頼者様の氏名が記載された同意文が必要となります。詳細はお問い合わせいただいたケースで弊社からご案内いたします。

1 アカウントのみ作成可能なご契約で、現管理者が ArcGIS Online にサイン インできない場合

ArcGIS Online 組織サイトに 1 アカウントのみ作成可能なご契約で、現管理者が ArcGIS Online にサイン インできず、別の方に管理者を変更する必要がある場合、My Esri よりお問い合わせください。
その際に以下の内容のご記載をお願いいたします。

  • 件名: ArcGIS Online 管理者変更依頼
  • サブスクリプション ID
  • お客様の組織名 (会社名、学校名など)
  • 新しく ArcGIS Online 管理者として登録される方の氏名、E メールアドレス、Esri アカウントのユーザー名(お持ちの場合)
  • これまで ArcGIS Online 管理者として登録されていた方の氏名、E メールアドレス、Esri アカウントのユーザー名
  • これまで ArcGIS Online 管理者として登録されていた方が、現在 ArcGIS Online にサイン インできない理由

お問い合わせいただいた内容をもとに、米国Esri社に ArcGIS Online の管理者変更を依頼いたします。
米国Esri社にて手続きを行うにあたり、お客様の組織・データのセキュリティとプライバシー保護強化のため、最高経営責任者(CEO)、最高情報責任者(CIO)、最高財務責任者(CFO)、企業経営者など、C レベルの執行役員またはそれに準ずる方(ビジネスオーナーなど)からの直筆署名を含むレターが必要となります。
My Esri からお問い合わせいただいた後、弊社にてレターをご用意してご連絡いたします。米国Esri社での処理が完了すると、依頼者およびレターに署名をいただいた方に電子メールで通知されます。

レターの詳細は管理者が ArcGIS Online にサイン インできず、ArcGIS Online 組織サイトの管理者を変更できないをご参照ください。

関連情報

ArcGIS ブログ : ArcGIS Online 組織サイト管理者変更時の注意事項

関連する質問

メタデータ

種類

製品