FAQ シングルバンドのラスターを、RGB 値をもつラスターに変換したい

ナレッジ番号:1025 | 登録日:2023/05/29 | 更新日:2023/08/16

説明

シングル バンド ラスターに色を割り当てて、RGB 値をもつマルチバンド ラスターに変更することができます。

手順

方法1

色の設定をラスターのシンボル設定 (レンダリング) で行い、ラスターのエクスポートを行います。

  1. 該当のシングルバンド ラスターの [レイヤー プロパティ] ダイアログを表示し、 [シンボル] タブで、出力画像のイメージに合わせて色の設定を行います。
  2. コンテンツ ウィンドウで該当のラスター レイヤーを右クリックし [データ] → [データのエクスポート] をクリックします。
  3. [出力ラスター] 欄の [レンダリングを使用] と [RGBを使用] にチェックを入れ、 [保存] ボタンで出力します。

方法 2

ジオプロセシング ツールを使用する方法です。カラーマップを使用します。

  1. 対象のシングル バンド ラスターのセル値が小数値である場合は、整数値に変換します。手順の詳細は、こちらのFAQでご確認ください。
  2. ラスターの値ごとにRGB値を指定します。対象ラスターの [レイヤー プロパティ] ダイアログを表示し [シンボル] タブで [個別値] を表示し、値ごとに色を設定します。
  3. 同ダイアログの [カラーマップ] のリストから [カラーマップのエクスポート] をクリックします。カラーマップ ファイル (*.clr) が作成されます。
  4. 対象のラスターに対してカラーマップを追加します。ArcToolbox → [データ管理ツール]→ [ラスター] → [ラスター プロパティ] → [カラーマップの追加 (Add Colormap)] ツールを使用し、ラスターに対してカラーマップを割り当てます。
  5. ArcToolbox → [データ管理ツール]→ [ラスター] → [ラスター データセット] → [ラスターのコピー (Copy Raster)] ツールを使用して、ラスターを出力します。その際、[カラーマップからRGB値に変換]にチェックを入れ、処理を実行します。

関連する質問

メタデータ

カテゴリ

製品

バージョン