FAQ ポリゴンの面積をフィールドとして追加するには?

ナレッジ番号:1023 | 登録日:2023/05/29 | 更新日:2023/08/16

説明

属性テーブルのフィールドに各ポリゴンフィーチャの面積を出力する方法をご紹介します。

手順

[ジオメトリ属性の追加] ツールを使用する方法

ArcToolbox → [データ管理 ツール] → [フィーチャ] → [ジオメトリ属性の追加] ツールを起動して、 [ジオメトリ プロパティ] の [AREA] または [AREA_GEODESIC] にチェックを入れて実行します。

このツールはフォア グラウンドで行ってください。

※ [AREA_GEODESIC] は測地線に基づくポリゴンの面積を算出します。面積算出に適した投影座標系(平面直角座標系など)の場合は [AREA] を選択して、それ以外の場合(地理座標系など)の場合は [AREA_GEODESIC] を選択されることをお勧めします。

※ 本ツールはバージョン 10.2.1 以降でご利用いただけます。

[ジオメトリ演算] の機能を利用する場合

[ジオメトリ演算] は、バージョン9.2以降でご利用いただける機能です。

対象のポリゴン フィーチャクラスは、投影座標系である必要があります。投影座標系に変換するには [投影変換] ツールをご利用ください。

  1. 属性テーブルを開きます。
  2. 属性テーブルに面積を格納する新規フィールドを作成します。面積を格納するフィールドをお持ちの場合は不要です。
    • フィールドの作成方法は こちらのFAQをご参照ください。
    • 面積を格納するフィールドのタイプは、Double 型にしてください。
  3. 面積を格納するフィールドのフィールド名の部分を右クリックし、[ジオメトリ演算] をクリックします。
  4. [ジオメトリ演算] のダイアログの [プロパティ] から [面積] を選択します。
    [座標系] の部分で、データソースの座標系か、または、データ フレームの座標系を選択します。
    [単位] の部分で、面積の単位を指定します。

    (例)
    Image
  5. [OK] をクリックします。


補足情報

上記の方法で追加した面積の値は、値の変更を行わない限り変更されることはありません。
一方、ジオデータベースのポリゴン フィーチャには自動的に面積の値が格納されている [Shape_Area] フィールドが付与されていますが、このフィールド値はポリゴンの形状を変更すると動的に値も変わります。

関連する質問

メタデータ

カテゴリ

製品

バージョン