FAQ ラスターをポリゴンの範囲で切り出す (トリミングする) には?

ナレッジ番号:1051 | 登録日:2023/05/29 | 更新日:2023/12/08

概要

ラスター データをポリゴンの範囲で切り出すことができます。

画像データ: Landsat8 衛星画像(2013年6月上旬撮影、新潟市付近)

ジオプロセシングツールを使用する方法

画像解析ウィンドウを使用する方法(ArcGIS 10.x)

ラスタ演算を使用する方法(Spatial Analyst エクステンションが必要)

(参考)グラフィックスを使用する方法

ラスターデータをポリゴンの範囲で切り抜きたい場合は、ラスターデータをポリゴンの範囲で切り抜くには?をご参照ください。

ジオプロセシングツールを使用する方法

[クリップ] ツールを使用する方法

以下の箇所にあるクリップツールを使用して画像を切り出すことができます。エクステンションは不要です。

  1. ArcToolBox から [データ管理ツール] → [ラスタ] → [ラスタ プロセシング] → [クリップ] を使用します。
  2. [クリップ] ツールにて、[出力範囲(オプション)]部分でポリゴンレイヤを設定します。
  3. [入力フィーチャをクリップ ジオメトリとして使用(オプション)]にチェックを入れます。

ArcGIS の製品バージョンによっては、ツールのメニューの名称や格納場所が若干異なることがあります。


[マスクで抽出]ツールを使用する方法 (Spatial Analyst)

ArcToolbox から [Spatial Analyst ツール] → [抽出] → [マスクで抽出]を使用します。
入力ラスタやマスクとなるデータ(切り抜きたい部分のポリゴンレイヤなど)を設定します。

ArcGISの製品バージョンによっては [Spatial Analyst] ツールバーメニューの名称や格納場所が若干異なることがあります。

 

画像解析ウィンドウを使用する方法(ArcGIS 10.x)

ArcGIS 10.x では画像解析ウィンドウを使用して、画像を切り出すことができます。Spatial Analyst などのエクステンションは不要です。 

手順

  1. [ウィンドウ] メニュー → [画像解析] ウィンドウを開きます。
  2. 切り出したい画像を [画像解析] ウィンドウのレイヤのリスト上でクリックして選択します。 (選択されると反転します。)

    Image
  3. [ツール] ツールバーの [フィーチャ選択]   Image でポリゴンを選択します。
  4. [画像解析] ウィンドウの [処理] パネルの [クリップ] をクリックします。 

    Image 
  5. [画像解析] ウィンドウにてクリップされた画像を選択し、[エクスポート] をクリックして、画像を保存します。  

    Image 

 

ラスター演算を使用する方法(Spatial Analyst)

手順

  1. 切り出し用のポリゴンとラスター データを ArcMap に追加します。

    Image 
  2. [Spatial Analyst] ツールバー → [オプション] → [オプション] → [マスクの設定] タブで"マスクの設定"で切り出し用のポリゴンを指定します。
    [Spatial Analyst] ツールバー → [オプション] → [範囲] タブ で 「解析範囲」をマスクに指定しているポリゴン レイヤーの範囲に指定すると、出力データに Nodata 値が表示されません。

  3. ラスター データとデータフレームの投影座標系が異なる場合は、[Spatial Analyst] ツールバー → [オプション] → [一般] タブにて [解析結果の出力を入力と同じ座標系に保存] または、[解析結果の出力をアクティブデータフレームと同じ座標系に保存] のどちらかを選択します。
  4. [Spatial Analyst] ツールバー → [ラスター演算] をクリックします。[ラスター演算] ダイアログが表示されますので、ラスター データをダブルクリックし、ダイアログ下段の演算式部分に入力し、[評価] をクリックします。
  5. ポリゴンで切り抜かれたラスター データが作成されます。(マスクの内部だけに値を持ち、それ以外にno dataが納められたラスタ データが作成されます。)
    Image 

<ご注意>

マルチバンドのラスター データに対しては、上記のラスター演算による処理ができません。 

 

NoData(黒い部分)を表示しないようにするには、ラスター データの [プロパティ] → [シンボル] タブ をクリックし、 「NoData 色」の部分を「色なし」に設定します。

(参考)グラフィックスを使用する方法

ポリゴン データが存在しない場合に、簡易的にくりぬきたい形状をグラフィックスとして描きます。

ArcMap 上に描いたグラフィックスを利用してラスター データをクリップすることができます。

手順

  1. ArcMapを起動し、ラスター データを追加します。
  2. ArcMapの [カスタマイズ] メニュー → [ツールバー] → [図形描画] ツールバーを表示します。 
  3.  図形描画ツールバーの [新規四角形] ツールや [新規ポリゴン] ツールを使用して、 切り出したい図をグラフィックで描きます。(グラフィックスは、選択されている状態にしておいてください。) 
  4.  [コンテンツ] ウィンドウに追加されたラスター レイヤを右クリックし、 [データ] → [データのエクスポート] をクリックします。
  5. [ラスタ データのエクスポート] のウィンドウ で [選択グラフィックスでクリップ] にチェックを入れます。 
  6.  出力場所や出力ファイル名称を確認します。
  7. [保存] ボタンをクリックし、エクスポートします。

メタデータ

カテゴリ

製品

バージョン