FAQ ジオリファレンスの更新をしたのに元の位置に戻ってしまった

ナレッジ番号:1575 | 登録日:2023/05/29 | 更新日:2023/06/21

現象

XY 座標値を持たないラスタデータや XY 座標値を更新したいラスタデータに対し、ジオリファレンスの更新を行うとラスターに座標値が付加されます。その座標値を使用してデータを表示することができるようになります。

しかし、[ジオリファレンスの更新] を実施したにも関わらず、ArcMap でラスタデータを読み込むと、ジオリファレンスを行う前の位置に戻ってしまうことがあります。

原因

ジオリファレンスしたラスタデータにラスターと同名のワールドファイルが付加されている場合、かつ、ArcMapの「ArcMapオプション」の設定で、ワールドファイルを参照する設定がされていると、ジオリファレンスの結果を反映させることができません。

解決策

ワールドファイルで座標値を管理しないラスター フォーマット(例:ジオデータベースのラスターデータセット)に変換します。

または以下の手順で、ArcMap のオプション設定で、ラスタデータのワールドファイルを参照しない設定に変更します。

ArcGIS 10.x の場合

  1. ArcMapの設定を変更します。
  2. ArcMapの [メニュー] → [カスタマイズ] → [ArcMap オプション] → [ラスター] タブの [ワールドファイルを使用してラスタの座標値を定義する] のチェックを外します。
    Image

 

ArcGIS9.x の場合

  1. ArcMapの設定を変更します。
  2. ArcMapの [メニュー] → [ツール] → [オプション] → [ラスタ] タブ の [ワールドファイルを使用してラスタの座標値を定義する] のチェックを外します。

 

補足情報

[ワールドファイルを使用してラスタの座標値を定義する] オプションは、ラスターがヘッダ情報を持っている場合でもワールドファイルを優先して読み込みたい場合に使用します。
例えば、ラスター自体で位置情報を保持する GeoTIFF にワールド ファイルが付随している場合、チェックが ON になっている場合はワールドファイルの位置情報が優先されます。

メタデータ

カテゴリ

製品

バージョン